心とからだにやさしい お料理アイディア



家族みんなが 元気でありますように。

多くの方が、そのように願っていますよね。
その願いを、形に表現しましょう。

お料理するときは、アイをたっぷり、真心いっぱい、笑顔もたっぷり。

あなたの願いが現実のものとなるように、心底から祈りながら。
(誰が、何を、どのように 食べるかを考えて)

生命を差し出してくれている食べ物たちに、
「ありがとう」と心から感謝の想いが湧いてきます。
その生命たちと、大切に関わり、
一つの全体として大きな調和が生まれるように
理(リ)をもってはかることが、料理。
調和が生まれる手立てが、調理テクニック。


そのようにして生まれた、調和あふれた一皿は、
それを頂く者の心と体のバランスを調え、
心を充分に満たしてくれることでしょう。
料理された生命が、その者の中で、
その者の歓びの活力となって活きるように。


食事は、満足するためのもの。

満足感たっぷりの食事を頂いたとき、幸せだなって感じますよね。
「腹八分」でも充分に満たされるから、不思議です。

先人は、「腹八分に医者いらず」と教えてくださっていますもの。
ご自身の心と体の元である『生命のバッテリー』をしっかり充電してくれるもの、
心と体のバランスを調える質の高いもの、そういうものを召し上がっていただき、
イキイキと元気いっぱいに活動していただきたいと思います。

◎日本の伝統食品には、免疫力を高め、元気を応援してくれるものが多くあります。
 例えば、昔ながらの醸造法で時間をかけて作られた味噌・醤油。
 強い生命力を持つ 蓮根、本葛粉、
 寒さと乾燥という求心的な強いエネルギー(お日様(ヒ)のエネルギー)が
 加わった 切り干し大根、高野豆腐などです。
ぜひ、毎日の献立に活用してみてください。

お役に立ちます『おばあちゃんの知恵』
〜我が家でも、ずいぶん助かっています。〜

★喘息・せき・風邪の妙薬【蓮根くず湯】
皮付きの蓮根の絞り汁30〜40ccに、
醤油小さじ1〜2杯と本葛粉小さじ1杯強、
熱湯150ccを注ぎ、透明になるまで
とろ火でやさしくかき回しながら
およそ20分火にかけます。
ショウガ汁2〜3滴を加えると、さらに
効果的。蓮根の節の両側3cmのところは、
引き締まっていて、特にミネラルや澱粉質
を濃縮し、薬効が高いと言われています。
★風邪の時期には【ねぎ味噌】
身体を温めたり、のどを浄化する働きが
あります。殺菌効果もあります。
長ネギのみじん切りに、味噌を混ぜ合わせ
て作ります。元気の良いねぎはみじん切り
をしていると、鼻詰まりもスーッと溶けて
くるんです。
おにぎりにぬって、焼きむすびもおいしい
し、インスタント味噌汁の素にも使えて、
色々応用が効くすぐれものですよ。

私と同じように、トコトワコスミックアカデミーで学び、
心の小部屋・ハーモニールームを開設している方々
(心をフルオープンして皆様に愛をご奉仕したいと想う方)は、
喜んで色々と教えてくださるはずです。
また実際に、調和あふれる一皿を楽しく作って、
食事を満足して頂くことを体感していただく場として、
「和ーユルヴェーダ試食会」を開催しているところもあります。
ぜひ、お近くのハーモニールームにお問い合せしてみてください。

「和ーユルヴェーダ」は、家庭の中から日常生活の中から
健康を取り戻せる方法、平和で幸福を感じ取れる方法など、
できるだけシンプルに、誰にでも今から始められる
生活健康法です。
「和ーユルヴェーダ」には、3つの柱があります。
@これをまとめられた、岡田多母さんの生まれ育った秩父地方の
古神道的な生活習慣と伝統(おばあちゃんの知恵)、
A東洋の伝統的宇宙観と生活方式(マクロビオティック)、
Bインド哲学と伝承医学アーユルヴェーダ(ヴェーダ科学)。

シンプルで単純な生活健康法「和ーユルヴェーダ」をまとめた
小冊子に、
『和ーユルヴェーダの心』/岡田多母著 があります。
各ハーモニールームで閲覧することができますので、
ぜひご覧ください。(購入する場合は、一冊700円)


 この小冊子の中に、私が多母さんから聞かせていただいた
"おばあちゃんの話"で、大好きなものがあります。
皆様にもエールを贈ってくれるありがたい言葉なので、ご紹介させてくださいね。

「 鬼のこぶしにも当たってみろ。
  一寸法師も鬼にぶつかってちゃんと退治できただろ。
  当たる前からダメだと思わずにな、☆☆
☆☆☆☆☆
一生懸命やってみることさねぇ。
  人間だれしも、やってみなきゃあわからんことがあるわい。
  やりてぇことは、一生懸命やってみることだわ。
  望みがでかけりゃあでかいほど、「ヨロシク頼む」と自分に言ってな、
  「ヨシナに頼む」と神様にお願いして、
  「ありがたい、ありがたい」と一生懸命やってみることだ。
  あせらずにな、あきらめずにな、あきずにな、
  必ず成ると心待ちにやってみなんせ。 」



ハーモニールームの連絡先は
アカデミーのホームページ「各地域の施設」へ。

アカデミーのホームページからは、ブラウザの戻るボタンで帰ってきてくださいね。

胃腸にやさしいお料理のアイディア
ムング豆の使い方をご紹介します。
インドのドクターに教えていただいた
朝食向きの軽いメニュー